奇麗な熟女にプレゼンでパンストを穿かせていたら仕事であるのも忘れ〇〇してしまった僕


総合婦人肌着メーカーWAKOSUKE 谷原希美

春のフレッシャーズパンスト商戦に向けて新製品プレゼン会議が熱を帯びて開かれております。社員たちが真顔で大マジメな顔をして実際にフィッティングを繰り返しながら、熱いディスカッションを繰り広げるワケであります…。無論私は、管理職の立場として大マジメに厳しく、女性社員たちの股間のクロッチ部分の縫製強度なんぞを真顔で、至近距離からチェックするわけですが…ホンっとすいません。正直私、やはり勃起しております。

%title %name
%title %name